エネルギ部会
ひらつか環境フェア「ソーラーオルゴール工作教室」2011-7-24
 手回し発電による発電体験7月24日(日)、平塚市のOSC湘南シティで開催された平塚市主催の「ひらつか環境フェア」の最終日に、エネルギー部会はNPO法人アース・エコの協力を得て「ソーラーオルゴール工作教室」を開催しました。事前に小学生を対象に参加を受け付けたところ、早々に定員の24人に達する人気でした。会場はOSC湘南シティのトイザらス前の通路。屋根はあるもののオープンスペースのため天気が心配でしたが、幸い当日は薄曇りで雨は降りませんでした。
工作教室は、1回目は午前10時30分から、2回目は午後2時から。それぞれ小学生12人とその保護者の皆さんが参加しました。工作は小学校低学年の子どもには少し難しかったようですが、エネルギー部会のスタッフや保護者の皆さんに手伝ってもらって全員無事に完成。オルゴールのメロディを確かめながら満足そうでした。
工作教室の他にも手回し発電機による発電体験や、白熱電球・電球型蛍光灯・LED電球の消費電力を測定する実験も体験してもらいました。工作教室に参加した保護者を含め、30人程の大人の皆さんが立ち寄りましたが、この夏の節電のヒントになれば幸いです。
(写真は手回し発電による発電体験)  【筆者】 エネルギー部会 桑原 清

   電球の消費電力測定    ソーラーオルゴール工作教室
   電球の消費電力測定    ソーラーオルゴール工作教室
       
       

>