ひらつか環境フェア  
「ソーラーオルゴール工作教室」             2014年8月12日(火) 
  
 「ひらつか環境フェア2014」の最終日の8月12日(火)、ひらつか市民センターで「ソーラーオルゴール工作教室」を開催しました。 
 工作教室は、午前1回、午後2回の合計3回開催し、事前に申し込みのあった小学生33名とその保護者が参加しました。
 最初に、チェックシートで日頃どのくらい省エネができているかをチェックして、できていない項目の中から各自省エネ目標を決めました。 工作はドライバーを使って電子回路を組み立て、両面テープで部品をプラスチックケースに固定した後、ケースの表面に貼ったカードに省エネ目標を書きました。
 工作は30分足らずで全員完成し、早速会場前の歩道に出て薄曇りの太陽にかざしてメロディを確かめました。
 他に、手回し発電機を回す発電体験や、2つの絵を比べて生活のしかたの違いから省エネのポイントを見つけ出すゲームのパネルを出展しました。

 
                                                   
報告: 桑原 清

   
工作教室に集まった皆さん   会場前の歩道に出てメロディを聞く
   
 手回し発電機を回して発電体験 2つの絵を比べて違いを書き出す来場者