大和市内の小学校で学校出前授業  
「温暖化防止と省エネ」        
2015年12月3日(木)、4日(金) 
  
 12月3日(木)、4日(金)の2日にわたって大和市内の小学校で5年生4クラス129人を対象に、
神奈川県環境・エネルギー学校派遣事業「温暖化防止と省エネ」の出前授業を実施しました。

 最初に地球温暖化について映像を見て学習した後、省エネ実験では、@手回し発電機による発電体験
、ACDラジカセの待機電力測定、Bドライヤーの消費電力測定、C照明消費電力比較の4つの実験を
体験しました。
 次に、チームに分かれてゲーム「二つの家庭の違い探し」に挑戦し、日頃の生活の中で実践できる省
エネのポイントを理解した後、省エネチェックシートをチェックして一人ひとりが省エネ目標を決めました。
 授業の最後に、何人かの児童に授業の感想を発表してもらいましたが、それぞれに地球温暖化の深刻
さや省エネの取り組みの重要性を理解したようでした。
 
 今回の学校出前授業にご協力頂いたエネルギー部会のメンバー各位に感謝いたします。ありがとう
ございました。

 
                                               
報告:講師 桑原 清

   
 3グループに分かれ、発電体験、省エネ実験 5グループに分かれ、違い探しゲーム
   
 各自で自分でできる省エネの目標を立てる