グリーン部会 平塚市内の小学校出前講座報告

みずほ小学校「エコな買い物の仕方を学ぼう」
2015年12月18日(金)、10時45分〜12時20分

 平塚市立みずほ小学校4年生2クラス(62名)の総合学習の時間に出前講座を行いました。
 体育館に集合して手作りの紙芝居(学童2人が紙芝居の登場人物になりました)を用いて、御
雑煮の話をきっかけにして話を進めました。
 
 「旬」という言葉の説明から、旬の食材は栄養があっておいしいことや、露地栽培はハウス栽培
と異なり、石油エネルギーの削減につながり、かつ地産地消による輸送エネルギーの削減や、
包装にかかるエネルギーを考えて、商品を選択することを学びました。 
 
 その後、各クラス6班ずつの計12班に分かれ、模擬的な「買い物」を体験して、最後にまとめ
として、その商品を選んだ理由を、各グループ毎に皆の前で発表してもらいました。子ども達は
発表を楽しんでいました。

 どの食材を選んだら良いのか、エコについて考え、自分達でできることから実行しようという
講座の狙いは、子ども達に十分に伝わったと思います。
 
 貴重な時間をこの授業にあてて下さった先生方に感謝いたします。 また、この講座の実施に際し、お手伝い下さった方々に感謝いたします。

                                              報告:大岩 俊雄

   
  紙芝居で「エコな買い物の仕方」を学びました。    班毎に産地や包装の仕方で食材を
   選び、模造紙に書き入れました。
   
      グループ全員で発表しました