神奈川県環境科学センターでの環境学習と施設見学会
               秦野市立本町小学校校外教室企画

水生生物の観察(神奈川県環境学習リーダー会担当教室)
「金目川の生き物調査と生き物タッチング体験」

2017年(平成29年)10月19(木):13時00分~15時30分
 
〇 平塚市の神奈川県環境科学センターにおいて、秦野市立本町小学校の5年生112名と先生5名
   の併せて117名の皆さんが、環境学習と施設見学の校外学習を行いました。

〇 112名の子供達は3つのグループに分かれて、「水生生物の顕微鏡観察」、「環境科学センター
   の施設見学」、「金目川の生き物調査」を各35分ずつ順次受講しました。
〇 環境学習リーダー会は、水生生物の観察を担当しました。講座の前半は映像による生き物の説
   明を行い、後半は前日に金目川で採取した生き物を種類毎に入れて並べた水槽で、生き物観察
   とタッチングを行いました。
〇 この講座の前日に金目川で採取した生き物は「ニホンアマガエル(色の異なるものが2匹)、ナマ
   ズ、ニホンウナギ、タモロコ、アブラハヤ、スミウキゴリ、オイカワ、シマヨシノボリ、ドジョウ、モク
   ズガニ、サワガニ、カワニナ、シジミ類、ヒラテテナガエビ、アメリカザリガニ、サナエトンボのヤゴ
   、コオニヤンマのヤゴ、ヒメイトトンボのヤゴ、ガムシ類」等で、色々な種類の生き物を展示し、観
   察に供することができました。
〇 子供達は、実際に生きている生き物を観察し、直接手で触って豊かな観察と体験学習を行いまし
   た。ナマズやウナギ、ドジョウのヌルヌルやカニの甲羅の感触を大声で「触った、触った」、「ヌル
   ヌルだ」等と話し合っていました。

  この教室を担当するに当たり、御指導、御協力頂いた関係者の皆様に感謝いたします。
  ありがとうございました。
  
                                             報告:講師 吉村 美男

   
甲羅はあまり硬くない   魚は、なかなか捕まらないな!!