水をつかもう
 2018年(平成30年)2月3日(土) 10:00〜15:00

 
2月3日(土)、駅前が急速に発展・変貌し、小田急ロマンスカーが停車するようになった海老名駅(小田急線・JR相模線)と厚木駅(小田急線・JR相模線)のほぼ中間に位置する海老名市立「えびな市民活動センタービレッジ」を会場にして、「子どもサイエンスフェスティバル海老名大会」が開催されました。
 このフェスティバルに私達リーダー会は「水をつかもう」と題して、来場者の皆さんにアルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウムによるゲル化を体験する機会を提供しました。


 当日は好天に恵まれたこともあり、全開催時間を通じて来場者が途切れることなく訪れました。リーダー会が出展する「水をつかもう」のブースにも長い行列ができ、主に低学年の小学生を中心とする150組以上の子供達とその保護者の皆さんが来て下さいました。
  
 前日のフジテレビの科学実験番組「でんじろう VS 世界の科学者!」で、同様の「水をつかむ」実験が放映されたこともあったためでしょうか、当ブースは大変盛況でした。出展内容の説明や実験の指導のために参加した5名のリーダー会会員は、僅かな休憩時間を除き終日対応いたしました。
 皆さんお疲れ様でした。 
 
                                      報告:水環境部会 大岩 俊雄

   
うまく固まるといいな  保護者も子供と一緒に