はまぎん こども宇宙科学館  洋光台サイエンスクラブ
第9回 環境体験教室
『手作り石けんを楽しもう』  〜体にも環境にもやさしい石けん作り〜
2014年8月30日(土)  10:00〜12:00
 
 この教室の目的は、水の大切さを学びながら、石けん作りを楽しむことです。生徒22名、講師5名による授業でした。 はじめに、地球上で水がどのように循環しているか、毎日の生活で水がどのように使用されているか、そして水の大切さを学びました。
 
 身近に使う石けんについて、石けんと合成洗剤との違いや界面活性剤などについて学習しました。 実習では、廃食油と苛性ソーダを用いて石けん作りに挑戦しました。苛性ソーダの反応がやや早く、固まりが早かったけれど、生徒たちは石けん作りを楽しく体験したようです。 そして、自分が作った石けんを持ち帰りました。

 アンケートの結果、これからやってみたいことに、石けんに関することが多かったので、うれしく思いました。昨年、この講座を受けて良かったからと、今回再受講してくれた女子生徒がいましたので、今後も、良い講座にしていきたいと気持ちを新たにしました。

 この教室を手助けして下さった4人の講師の方々に感謝します。 ありがとうございました。

                                             報告:講師 飯田 冨佐江 

          

   
 廃食油と苛性ソーダの調合

4班に分かれて水の大切さを学ぶ

 

石けん作りに挑戦

 石けん作りを楽しむ