はまぎん こども宇宙科学館  洋光台サイエンスクラブ
第3回 環境体験教室
『ソーラーオルゴールを作ろう』  
〜太陽光でオルゴールを鳴らして温暖化を考えよう〜
2015年4月26日(日)  10:00〜12:00
 
 この教室は、主題を「ソーラーオルゴールを作ろう」、副題を「太陽光でオルゴールを鳴らして温暖化を考えよう」と題して開催しました。 生徒応募数は定員を上回り、小学校4〜6年と中学校1、2年の子どもたち計29名が参加し、講師・スタッフはエネルギー部会員8名が務めました。

 最初に、スライドなどの映像で地球温暖化について学んだ後、電気・省エネの実験では@手回し発電機で発電体験、A電気器具の消費電力測定、B照明電力比較、Cテレビ画面の輝度調整の4つの実験を体験しました。次に省エネチェックシートに記入して、日頃できていない省エネの項目を見つけ、自分の省エネチャレンジ目標を決めました。

 ソーラーオルゴール工作では、部品の数量確認、ドライバーで配線接続、両面テープで部品をケースに固定、ふたに省エネ目標を貼り付け、の順番で手際よく完成しました。完成したソーラーオルゴールを持って全員屋外に出、陽のあたるところでオルゴールのメロディとLED点灯の動作を確認しながら工作の達成感を楽しみました。
 
 教室に戻って太陽光発電について解説、最後にアンケートに記入してもらいました。子どもたちからは、省エネに取り組みたい、太陽光発電の応用を考えたいなどの感想がありました。

 この教室で講師・スタッフを共に務めて下さった7人のエネルギー部会員の方々に感謝します。ありがとうございました。

                                             報告:講師 鈴木 勝男 

          

   
 地球温暖化と省エネについて学ぶ

照明電力比較の実験

 

みんな一生懸命オルゴール組立中

 全員屋外に出てメロディを確認