はまぎん こども宇宙科学館 
自由研究パラダイス2015 じっくり!環境体験教室
第3回 環境体験教室
『ペットボトルで水ロケットを作ろう』
2015年8月12日(水)  10:00~12:00
 
 多数の応募者があった水ロケット。抽選で選ばれた23名の小学4年生以上の男女が参加しました。
工作と打ち上げには講師10名のスタッフと、大学生のボランティア1名がきめ細かく対応し、無事に
楽しく終えることができました。 皆さんご苦労様でした。

 会場は、こども宇宙科学館から5分ほど歩いた洋光台第二小学校で、講堂で学習と工作を行い、広い
校庭で完成した500ミリリットルのペットボトルの水ロケットの飛行を、水しぶきを浴びながら45分間楽
しみました。
 
 発射装置6台に水ロケットをセット、空気入れを15回ポンピングして発射を待ちます。胸をわくわくさせ
て一斉に発射しました。最高飛行距離は65メートルで、校庭から3メートルの高台に建つ3階建て校舎の屋上まで到達したロケットもあり、大記録を樹立しました。

 水ロケットに使う水は生物には不可欠で環境にも大きく関っている事や、風船を使ってロケットが飛ぶ
仕組みも学習しました。講堂の床に座っての工作でしたが、スタッフや同伴の家族の方々のアドバイス
もあり、格好の良い水ロケットができました。なお、水ロケットは初めての企画でしたので安全を重視し
、十分な調査と検討を重ね、周到に準備して実現できました。

 この教室に御協力下さったスタッフ、ボランティアの皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

                                            報告:講師 三田 重雄

                                            
          
   
 ロケットの工作

発射準備完了

   
発射!  65メートル飛びました