はまぎん こども宇宙科学館  洋光台サイエンスクラブ
第1回 環境体験教室
『いろいろな発電を体験しよう』  
〜自分の力や自然の力で電気を作ってみよう〜
2016年4月23日(土)  10:00〜12:00
 
 この教室は今年度の洋光台サイエのンスクラブの第1回教室のためか、40名を超える応募がありま
したが、この日は抽選で選ばれた子ども達21名が参加しました。最初の教室とあって、子ども達は少し
緊張した様子でスタートしました。
 最初に地球温暖化について簡単に話をしました。温暖化の対策として省エネが重要であることや、
CO2排出の少ない発電方法やガソリンを燃焼しない自動車についても説明し、学習の内容と温暖化対
策の関係を理解してもらいました。
 次に、コイルと磁石の組み合わせで発電する電磁誘導の実験を行って発電の原理を学んだほか、ふ
りふり発電を体験したり、クリップモーターを見たりしました。
 発電実験体験では、@手回し発電で電気の仕事、A手回し発電で40W電球点灯体験、B風力発電、
C太陽光発電、D温度差発電、Eスターリングエンジン、F燃料電池、G燃料電子車の8種類の実験
を体験しました。
 最後にアンケートに記入してもらいましたが、回答を見ると発電について良く理解し、実験を楽しんでも
らえたことが分かりました。

 この教室には9名の講師が参加しましたが、きめ細かい対応をして頂いた講師の皆さんに感謝します。

                                               報告:講師 桑原 清 

          

   
21人が参加した教室の様子

コイルと磁石で電磁誘導の実験

 

手回し発電で発電体験

 風力、太陽光の実験は屋外で