はまぎん こども宇宙科学館 夏休み特別企画 
第1回 じっくり!環境自由研究
『リサイクル紙で丈夫な椅子を作ろうう』
2016年8月7日(日)  10:00~12:00
 
 小学4年生から6年生までの生徒さん、22名が100%リサイクル紙を使っているダンボールを使用し
て、丈夫な椅子作りに挑戦しました。
 最初に、ダンボールで作った椅子が想像以上に丈夫なことをビデオで学習しました。次に、紙のリサイク
ル、リユース、リデュースの3Rの大切さについて勉強しました。

 工作は図面を見ながら手順に従ってカッターとボンドを使って椅子作りに挑戦しました。最初は少し戸
惑っていましたが、スタッフが丁寧に指導したことと、生徒さんが高学年であったことで順調に進みました
。完成した椅子に自分で座ってみたり、保護者に座ってもらったりして丈夫な椅子ができたことを確かめ
ました。
 生徒全員が時間内に完成して大変嬉しそうでした。自分で物を完成させる喜びは何物にも代えられま
せん。夏休みの良い思い出になったことと思います。
 
 アンケートでは「楽しかった」という感想が圧倒的に多かったのですが、「難しかった」と感じた生徒さんもいて、他の同様の工作教室より多少レベルが高かったように思いました。

 この教室でスタッフを務めて下さった皆さんに感謝いたします。ありがとうございました。

                                            報告:講師 荒谷 輝正

                                            
          
   
 紙のリサイクルについて説明

椅子の天板に紙ヒモを巻く

   
熱心に指導するスタッフ  自分で作った椅子に座る生徒