はまぎん こども宇宙科学館 
夏休み特別企画
第2回 じっくり!環境自由研究
『種グライダーを作って飛ばそう』
2016年8月9日(火)  10:00~12:00
 
 昨年に引き続き、種グライダーの製作と飛行実験を行いました。模型は昨年と同様に植物「アルソミトラの種を模しましたが、今年は更に改善を加えて次のように実施しました。

 ●素材の種類を昨年使用した発泡ポリエチレンシート、紙、断熱材に加えて、薄くスライスした発泡ス
   チロールと折り紙を用意しました。
 ●予めスライスした発泡スチロールの薄い板を多数準備し、スチロールカッターも5台用意して、生徒
   の皆さんの作業は型紙に合わせてグライダーを切り取るだけにしたので、全員が短時間に完成させ
   ることができ、飛行実験の時間を増やすことができました。
 ●折り紙でも、同じように滑空する飛行体ができることを学んだ後、生徒が持参したチラシを切ったり、
   折ったり工夫を凝らして飛行体を作ってもらいました。
 ●希望者には発泡スチロールのスライスも体験してもらいました。

 生徒達は講師の皆さんの適切な助言により、飛ばし方や模型の形状に個性を発揮し、創意工夫に富んだ物を作ったので、皆さんの前で発表してもらいました。
 
 今回の授業で、私達現代社会の科学技術の進歩は、自然界の生き物から多大な知恵を学ぶことによって成り立っていることを感得し、自然に対する畏敬の念を醸成されるよう期待しています。

 
 講師を務めて戴いた方々に改めて深甚なる謝意を呈する次第です。

                                            報告:講師 石井 榮

                                            
          
   
 スチロールカッターで慎重にスライス

飛ばし方はこんな具合に!

   
それっ!飛べ!  折り紙でも滑空するんだー!