はまぎん こども宇宙科学館 洋光台サイエンスクラブ
第19回 環境体験教室
『環境にやさしい入浴剤を作ろう』  ~お風呂で学ぶ化学物質とその安全~
2016年(平成28年)12月3日(土)  10:00~12:00
 
  私達の家庭生活では、化学物質で作られた多くの製品を使っています。化学物質には、便利なものだけでなく、有害なものもあります。
  この教室では、環境にやさしい安全な製品について学び、実験等で確かめた後、安全な材料で入浴剤(バスポム)作りを行いました。

  授業では、生徒達が持参した様々な製品の容器に示されている成分表を見ながら化学物質の名称や元素記号等を探し、その製品の安全について理解を深めました。化学物質には自然界にある物と、人間が作り出した物があることも説明しました。その中には有害なものがあり、生活に害を与えない様にPRTR制度(略称:化学物質排出把握管理促進法)があることも説明しました。少し難しい話でしたが生徒達は理解してくれました。

  蛍光増白剤の移染の実験や歯みがき実験では、自分の目や舌で変化や違いを体感してもらいました。バスポム作りでは、生徒達が自分で重曹とクエン酸を計り、混ぜ、固めて作りました。

  ふりかえりでは、どうしたら危ない化学物質を避けられるかをクイズに加えて考えました。また、生徒達に、環境省発行の小冊子「かんたん化学物質ガイド」4冊を家庭の保存用に持ち帰ってもらいました。

  この教室で御協力頂いたスタッフの皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

 

                                              報告:講師 飯田 富佐江

                                            
          
   
 化学物質名を調べる

入浴剤の材料を計量する

   
ふりかえりのクイズ  アンケート記入