はまぎん こども宇宙科学館 夏休み特別企画 
第2回 じっくり!環境自由研究
『リサイクル紙で丈夫な椅子を作ろう』
~紙の資源循環の大切さを知ろう~
2017年(平成29年)8月7日(月)  10:00~12:00
 
・ 小学4年生から6年生までの生徒さん、23名がダンボール材を使って椅子づくりに挑戦しました。
・ 始めに、古紙の循環3R (リサイクル、リデュース、リユース)について、DVD の映像で理解を深めまし
  た。また、紙は木から作られるので、森林減少を引き起こす原因の一つになることを学習しました。

・ 次に、メインプログラムである「リサイクル紙を使った丈夫な椅子づくり」の工作に挑戦しました。
  材料は、予めダンボールで作られた部材を用いました。
  生徒達は図面を見ながら手順に従って、カッターやボンドを使って部材を組み立てました。最初は作
  業に戸惑う生徒さんもいましたが、スタッフの指導によって全員が時間内に完成できました。この作業
  の中で、カッターの安全な取り扱い方も指導いたしました。
・ 生徒達は完成した椅子に座って丈夫さを確かめ、工作が完成した達成感に嬉しそうでした。夏休みの
  良い思い出になったことと思います。
 
・ アンケートでは「難しかった」と感じた生徒さんが39%、「普通」が35%、「易しかった」という感想が
  26%でかなり分散しましたが、殆ど全ての生徒さんが「楽しかった」と答えてくれました。

  この教室でスタッフを務めて下さった皆さんに感謝いたします。ありがとうございました。

                                            報告:講師 荒谷 輝正

                                            
          
   
DVDを見る生徒達

講師による3Rの説明

   
椅子の天板の端面に紙テープを接着します  椅子の脚部のストッパーを接着する作業