はまぎん こども宇宙科学館 洋光台サイエンスクラブ 
第27回 環境体験教室
『種グライダーを作って飛ばそう』 ~植物のタネが飛ぶ不思議を知ろう~
2017年(平成29年)12月9日(土)  10:00~12:00
 
●今回は、素材として薄くスライスした発泡スチロール、発泡ポリエチレンシート、断熱材、紙等いろいろ
  なものを用意し、更に大きさが異なる型紙を2種類用意して、生徒達が好みで創意工夫できるように
  準備しました。更に、種の模型はアルソミトラの他、カエデやニワウルシ等多様性に富んだ種を用意し
  ました。
   好みの色彩を施した羽がくるくる回転しながら落下するカエデの種の飛び方の美しさに、ひときわ高
  い歓声が上がり、生徒達は時間を忘れて飛行実験に熱中していました。

●自分達で作った種の模型の飛行実験の後は、動物や植物の体のつくりや能力についてのお話をしまし
  た。また、これらの生き物が如何に現代の私達の生活や技術の進歩に役立っているかを多くの映像
  を示しながら説明しました。

●この教室に出席した全生徒の6割が3年生であったため、バイオミメティックスの話や模型の重りの
  調節に苦労していた生徒もいましたが、最終的に全員が首尾良く飛ばすことが出来ました。
   
   生徒達は嬉々として時間を忘れ、休憩もせずに工作や実験に熱中していました。これは、工作には
  2階の実験室、飛行実験には風が無く広いスペースを利用できる地下2階の特別展示室を提供して
 下さった科学館の御厚意とスタッフの皆さんの御努力のお陰です。
  関係者皆様に深甚なる謝意を呈します。
 
                                            報告:講師 石井 榮

 注)「バイオミメティックス」:"biomimetics"「生物模倣技術」、生物が持つ優れた構造や機能を模倣し
   、応用する技術開発のアプローチ。
                                            
          
   
 羽の切り出しは慎重に・・・・・

重りの位置と重さはこの位?

   
上手く飛ぶかな?  うわ~! 飛んだ 飛んだ!!