平成30年度 「はまぎん こども宇宙科学館・洋光台サイエンスクラブ」 環境体験教室
『植物ジュニアレンジャー活動(1)』 ~日本の植物たちはどこ?~
2018年(平成30年)9月1日(土)  10:00~13:30

この教室は以下のように進めました。 
〇ジュニアレンジャーの活動について                 10分
〇観察と調査内容の概要説明                      5分
〇観察と調査                               80分
 「当公園の在来種」、「在来種の分布調査」、「生き物たち」 ※各班毎に現地調査と観察
〇昼食                                   50分
〇調査と観察の取りまとめ、発表(プレゼンテーションの練習)   20分
〇シェアリングネーチャー                        45分

・今回から、「レンジャー活動」を想定し、県立公園を活用しての講座です。四季の森公園はシラカシを
 中心とした在来植物の公園で、様々な地形から豊かな生態系が保たれています。
 子供達は在来植物の調査に真剣に取り組みました。
・水辺の植物では、ガマ、ジュズダマ、アシを、樹林ではつる植物を観察しました。
・森の地形を見ながら植生状況を観察する場面では、熱心にノートを取りました。
・シラカシやモミジの高さの調査では、不慣れながらも保護者と熱心に取り組んでくれました。
・午後は、公園管理者の許可を得て生き物(虫類)の観察を行いました。トンボ、カマキリ、バッタ、チョウ
 類を観察し、子供達は歓声を上げながら楽しい時間を過ごすことが出来ました。

  この教室をお手伝いして下さいました関係者の方々に感謝します。ありがとうございました。

                                             報告:講師 吉岡 嗣二郎
                                            
          
   
 「マント群落」を見ながら説明を受ける

シラカシ樹林で在来植物の調査

   
生き物(虫類)観察に出発 カマキリをゲット