川崎市地球温暖化防止活動推進センター
2015年夏休み自由研究週間 実験・工作教室
「一年草ケナフで自分だけの和紙ハガキをつくろう」
 2015年8月15日(土)、午前10時〜11時30分

 一年草の「ケナフ」から取り出した繊維を使って紙を漉き、和紙風の手作りハガキを作りました。
今回の講座では、ハガキに漉き込むキャラクターを持参された方も見られ、小さなお子さんにも
紙漉きを体験してもらうことができました。
 
 自分で漉いたハガキの微細構造を顕微鏡で覗き、繊維の状態を観察して紙は繊維が複雑に
絡み合っていることを認識してもらいました。また、繊維と繊維の間に空間がある事も確認する
ことができました。また、ハガキを持ち帰る時に使用する厚紙を使って、簡単な写真立ても作りま
した。
 
 この講座をお手伝いして下さった中学生、高校生の皆さんと当会のスタッフ諸君に感謝します。
ありがとうございました。
                                          報告:講師 荒谷 輝正

 

 
紙漉き講座風景 小さな子供も体験しました 
   
 こんなキャラクターを入れました 中学生や高校生の皆さんが手伝ってくれました 
  
厚紙で写真たてを作りました