神奈川県研究者・技術者等学校派遣事業レポート
   「なるほど!体験出前教室」
   鎌倉市立小坂小学校の5年生106名を対象
        《授業テーマ:人工の雲を作ろう》
      
開催日:2015年10月21日(水)〜23日(金)、各1時間30分授業

公益財団法人神奈川科学アカデミーが実施する「神奈川県研究者・技術者等学校
派遣事業(なるほど!体験出前授業)」の一環として、鎌倉市立小坂小学校の5年
生、3クラス、全106名を対象に「人工の雲をつくろう」をテーマとして、4名
の講師が3日間に渡り各90分の出前授業を行いました。
 今回のテーマは担当教諭との打ち合わせにより、教科書の内容に関連付けられて
おり、学校では準備が難しい内容との要件から選定され、そのプログラムは詳細に
連絡を重ね、組み立てられました。
 
 授業では、水が生命維持に必要であり、貴重であることをゲームやクイズから学
び、地球ボールを使って陸地と海の面積比が統計的にほぼ正確に算出できることを
確認しました。次いで、水の循環を理解するための一助である雲の生成を各自、ペ
ットボトルを使用して実験しました。最後に、基本的環境問題の一つである酸性雨
の発生を、実験を通して理解しました。
 盛り沢山の内容で、2時限連続の授業にも関らず、児童達は途切れることなく集
中して興味深く講義を聞き、積極的にゲームやクイズ、実験に参加してくれました
ので、講師一同の熱意も伝わり、十分手ごたえを感じることができました。

 終了後、担当教諭から希望以上の授業であったとの嬉しい評価を頂くとともに、
神奈川科学技術アカデミー殿から健全な青少年の育成に貢献したとの感謝状を頂い
たことを申し述べます。

 今回の授業で講師を務めてくださいました3名の皆様に感謝いたします。 ありがとうご
ざいました。
 
                                     報告:講師 柳川 三郎

 
理科の学び 地球ボールで海と陸の広さを測る 
   
人工の雲を作ろう  酸性雨の実験