青少年のための科学の祭典
神奈川大会に参加しました
 2016年8月7日(日)   開催地:神奈川県立青少年センター


 神奈川県は、明日を担う青少年のために「青少年のための科学の祭典:神奈川大会」を横浜
市桜木町の神奈川県立青少年センターで開催しました。
 この大会に、当会は昨年と同様に”挑戦!パワー全開! 君は自分で自分を持ち上げられる
か?”を体験テーマとして参加しました。
 この体験は、パスカルの原理に基づき、密閉した普通のポリ袋に呼気を吹き込むことによって
、容易に重い物体を持ち上げられることを体感し、私達が持っている呼気のパワーと自然の仕
組みに驚き、その素晴らしさを再認識して頂き、併せて呼吸している空気に関心を持ってもらい
ました。

 当日は午前10時から午後3時30分まで開場し、当会のブースには88組の子供と同伴者が
参加して下さいました。子供達は自分の体を持ち上げようと、ホッペタを風船のように膨らませな
がら、自分で細工したポリ袋に一生懸命息を吹き込んでいました。 その結果、参加者全員が自
分の体を持ち上げることに成功しました。

 今回、この体験の原理である「パスカルの原理」に関心を持った母親が多く、スマートホンで原
理を記録してお帰りになる方が沢山いらっしゃいました。
 
 この大会に御協力いただいた会員の方々に感謝いたします。ありがとうございました。

                                             報告:田口 繁雄

工作中の参加者 6sの水を持ち上げる
   
自分を持ち上げている  空気を一杯吸って