環境・エネルギー学校派遣事業〜かながわ環境教室〜
  大切なエネルギー!私たちにできるエコ
 
平成28年(2016年)11月17日(木)、8時45分〜14時55分
平成28年(2016年)11月18日(金)、8時45分〜12時15分

11月17日(木)と18日(金)の両日、海老名市内の小学校で神奈川県の環境・エネルギー学校派遣事業、〜神奈川環境教室〜の出前授業「大切なエネルギー!私たちにできるエコ」をエネルギー部会で実施しました。対象は5年生5クラス168名で、1回の授業時間が90分のため、17日の1〜6時間目に3クラス、18日の1〜4時間目に2クラスと、同じ授業を5回繰り返しました。
 授業は挨拶の後、地球温暖化についてパワーポイントで説明しました。また、1950年〜2100年の地球の気温上昇の予測も動画で見てもらいました。
 省エネ実験では、@「40W電球が何人で点くか」、A照明消費電力の比較、Bドライヤーの消費電力と待機電力の測定の3つを体験しましたが、特に@の実験で手回し発電機を回すことが子供達には人気でした。
 短い休憩の後、グループに分かれてゲーム「暮らし方の違いさがし」を競い合いました。子供達はゲームを楽しみながら日常生活のいろいろな場面で省エネが出来ることを学びました。その後、省エネチェックシートに記入して各自の省エネ目標を設定しました。
 最後に、全員に短い感想文を書いてもらい、各クラス数人の児童に感想を発表してもらいました。
 子供達は素直で礼儀正しく、どのクラスもまとまりがありました。担任の先生方の協力もあって、大変スムーズに予定通り授業を行うことが出来ました。

 この出前授業には、17日に7名、18日に8名の部会員に講師/スタッフとして参加していただきました。皆さんお疲れ様でした。
 

  
                                      報告:講師 桑原 清

17日:40W電球が何人で点くか 17日:ドライヤーの消費電力の測定
   
17日:ゲーム「暮らし方の違いさがし」  18日:電球の消費電力の比較  
   
18日:待機電力の測定  18日:グループに分かれて活動中の教室