『平成29年度 県・市町村環境学習担当職員研修』実施
《神奈川県環境科学センター》
開催日:2017年5月19日(金曜日)、13時00分〜15時30分

本研修は、神奈川県環境科学センターが県内各自治体の環境学習を担当する職員を対象に、環境学習についての理解を深めること等を目的として、毎年実施している研修です。
 当リーダー会は、研修カリキュラムの内、環境学習の体験講座の委託を受けて実施致しました。
 講座では、リーダー会の活動概要を30分間紹介した後、エネルギー部会が『身近なもので電池を作ろう』の体験学習を行いました。受講者には小学生になったつもりで参加してもらいました。電池に関する簡単なクイズを3問行って気分をほぐしてから、@電気を測ろう、Aレモン電池、Bボルタの電池、Cたわし電池、D備長炭電池、等の実験をじっくり2時間かけて行いました。
 最初の内はぎごちない感じの受講生も実験が進み、電圧計の針の振れ、オルゴールのメロディーや、赤や青のLEDライトの点灯、プロペラの回転等で電気の発生を確認している内にすっかり盛り上がり、歓声と笑顔が溢れていました。実験の後半には電池の組み合わせに工夫を凝らして、競うように電池のパワーアップを楽しんでいました。終了時には受講者の皆さんから「とても楽しかったです!」の声を聴けたことで、4名の講師陣は充実した教室
になったと胸をなでおろしました。

 最後に、本講座の段取りから実験機材の提供に至るまで、御協力頂いた神奈川県環境科学センターの皆様に厚く御礼申し上げます。
 
                                     
                               報告:エネルギー部会 吉田 和史

電池作りに真剣に取り組む受講生の皆さん