神奈川県環境科学センター主催
平成29年度 第1回スキルアップ講座
「森林と河川底生動物の関わり」概要
開催日時:2017年(平成29年)7月13日(木) 13時00分〜15時15分

神奈川県環境科学センター主催による、環境学習リーダー会向けスキルアップ講座が同センターで開催されました。 
  ○講座名:「森林と河川底生動物の関わり」
  ○講  師:東京大学大学院森林動物学研究室 助教授 加賀谷 隆氏
  
 森林には実に多様な動物種が生息し、森林生態系の中で、様々に適応しながら進化し、植物或いは動物間で相互に依存しながら物質循環に大きく関わっています。
 講演者である多賀谷先生は実に30年の長きに渡り、森林の動物と人間との関わりのあるべき姿を求めて、森林の昆虫類、昆虫によって媒介される線虫類、渓流の動物等について、生態学的研究や遺伝学的研究、人為による環境改変が動物とその機能に与える影響を現場で研究して来られた第一人者です。
 講義の中で、ストーリーの主役はカゲロウやトビケラ等の底生動物の生態であり、一方では広葉樹と針葉樹(スギ)が食物に及ぼす影響や太陽の光の影響を詳細に現場で調査した結果の一部を紹介して頂きました。
 このような内容は、今回のように比較的小規模な講座でしか聞くことが出来ない生態系のダイナミックな営みを垣間見ることが出来ました。聴講者からは、専門的な領域に至る多くの質問があり、講師との対話は講座を一層豊かにしてくれました。

 この講座の参加者は約30名(当会のメンバーは18名)で盛会でした。
 

  
                                 報告:理事 吉田 和史

森林と河川底生動物の関わり 授業の様子