第13回 くるりんまつり 
ケナフで「和紙の年賀はがき」を作ろう 
 2017年(平成29年)12月2日(土)、9:00〜13:00     
 平塚市にあるリサイクルプラザでは、その存在や活動内容を広く市民の皆さんに知って頂くために、毎年「くるりんまつり」を開催しています。
 
 私達は毎年このイベントに参加し、「一年草のケナフを使った紙漉き」を行っています。今年は12月2日(土)に『ケナフで「和紙の年賀はがき」を作ろう』を開催し、70名以上の方々に紙漉きを体験して頂きました。
 私達のブースには2歳の子供から高齢の方々まで訪れ、紙漉き、紙の繊維の顕微鏡観察、持ち帰り用の厚紙を使った写真立て作り等を楽しんで頂きました。
 伝統的な楮(コウゾ)等から和紙を作る方法で、「ケナフ」と言う「オクラ」の仲間から紙を作っていることを説明すると、皆さん大変驚かれ、紙の出来栄えを見てとても嬉しそうでした。この様に皆さんが喜んでいらっしゃる様子を拝見すると、私達も嬉しくなります。

 このイベントの出展に当たり、御協力頂いたスタッフの皆様に感謝します。ありがとうございました。

 
 
                                            
報告: 荒谷 輝正

   
紙を漉いています 漉いた紙にキャラクターを入れました 
   
漉いた紙をアイロンで乾かします  こんなに立派なハガキが出来ました