青少年のための科学の祭典 相模原大会
『挑戦!パワー全開! 
 君は自分で自分の体を持ち上げることができるか』
《相模原青少年学習センター》
開催日:2018年1月13日(土曜日)

青少年のための科学の祭典相模原大会は、2018年1月13日に相模原青少年学習センターで開催されました。大会の主旨は、実験や科学工作等で科学の不思議や楽しさを気軽に体験できることを目的にした「科学のお祭り」で、小学生から大人まで楽しめることです。

当会は「挑戦!パワー全開! 君は自分で自分の体を持ち上げることができるか」を出展しました。このブースには昨年の2倍を超える約200組の親子連れ等の方々が訪れ、大変盛況でした。

 自分自身を持ち上げることは勿論、子供がお父さんやお母さんを持ち上げることに挑戦し、「パスカルの原理」の現実的な応用例を体験して、小さな吐く息でも大きな力になることを実感してもらいました。子供が体重80キロのお父さんを自分の吐く息で持ち上げ、親子でビックリしたり喜んだりしていました。あるお父さんは自分の子供が「親を持ち上げることは絶対に出来ないよ」と言っていましたが、実際に持ち上がって驚いていました。そこで、ポスターを使って「パスカルの原理」を説明して理解して頂きました。これを機会に科学好きな子供が増えることを心から願いました。
 
 この出展に御協力いただいたスタッフの方々に感謝いたします。ありがとうございました。
 
                                          報告:荒谷 輝正

ストローやビニール袋を
使って準備します
吐く息で20キロのペットボトルを
軽々と持ち上げます
息の吹き込み方を指導するスタッフ 一生懸命に息を吹き込んで
自分の体を持ち上げています
   
お母さんを持ち上げています 
認定書を差し上げます。
何キロ持ち上げましたか